保険相談

保険相談 | 元保険マンが教える賢い方法

保険相談の相手は誰が良い!?

生保レディー
 

GNP(義理・人情・プレゼント)営業という、本来保険とは関係のない部分を前面に押し出しての保険販売を仕事としている人に相談を持ちかけても、まずは保険加入ありきですから、相談になりません。
【保険相談相手としてのおススメ度】

外資系生保営業マン
 

知識の面では日本の国内生保よりは遥かにマシですが、彼らも基本的には営業マンであり、保険に入ってもらってナンボの世界ですから、純粋な相談ができるかといわれれば、疑問符がつきます。
【保険相談相手としてのおススメ度】

損保代理店
 

基本的には損保の専門家であり、損保のことはよくここまで知っているというほど知っていても、生保についてはあまり知らないという人も少なくないのが現状です。

【保険相談相手としてのおススメ度】

郵便局(かんぽ生命)
 

自社商品についてはもちろん知識を持ってはいますが、他社商品、法律・税制等をはじめとする保険関連の諸情報、顧客が抱えるリスクを算定する能力、そのリスクに見合う保険の設計能力については、ほぼゼロに等しいといわざるを得ません。
【保険相談相手としてのおススメ度】

銀行窓口
 

自行が提携している保険会社の保険商品以外のことはほとんど知りません。

【保険相談相手としてのおススメ度】

  • 専門知識のレベルが低い
  • 保険を売ることが前提
  • 自分のところの商品しか扱えない

保険の相談相手として、これらの要素は致命的です。

無料保険相談サービスを活用しよう

洋服を買うときに、自分のサイズを知らずに買う人はいません。

 

しかし、保険に入るときは、自分のサイズ(自分が必要とする保障の大きさや種類)を知らずに入ってしまう人のほうが圧倒的に多いのです。
本当は3000万円で良いのに5000万円の保険に入ったら、差の2000万円に相当する保険料を、毎月無駄に捨てているようなものです。その分貯金したらけっこうな額が貯まります。

 

洋服なら、ショップの店員さんがサイズを測ってくれますよね。

 

しかし、保険に加入するとき、採寸してもらったことはありますか?
おそらく、ほとんどないでしょう。
それは、本来あなたの「サイズ」を測ってくれるべき保険の営業担当者は、実は、測り方も知らなければ測るための巻尺(ツール)すら持っていないからです。

 

このことが、日本人の多くがまともな保険に入っていない最大の原因です。
このせいで、多くの保険会社が潤い、多くの保険契約者が大損をしています。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)は、あなたが抱える経済的リスクを測り、最適な対応策を提案してくれるスペシャリストです。
無料保険相談サービスでは、FPが無料でそのサービスを提供してくれます。
賢い人は、すでに保険相談を通じて、FPからアドバイスを得て、無駄がなく自分にピッタリ合った保険に加入しています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ