出産保険見直し

出産による保険の見直しで絶対におさえておくべきポイント

2つのポイント

子供ができて、保険のことを考えなければと思った時、
真っ先にすべきことは、どんな保障が必要なのかを考えることです。

 

子供ができて考えなければならないポイントは、以下の2つです。

 

1.親の死亡保障

 

親に万が一あっても、子供を無事進学させてあげられるだけの死亡保障が確保されているか、まずチェックしましょう。

 

子供ひとりあたり、最低でも1000万円は教育資金として覚悟しておく必要があります。
この金額が、生活費以外にも確保されていることが必要となってきます。

 

また、よく父親のことだけ考えがちですが、母親に万が一あった場合でも、父親が従来通り働くためには、子供にベビーシッターをつけたり、家事をやってくれるお手伝いさんを雇ったりする必要も考えられ、その費用もばかになりません

 

2.教育資金の積み立て

 

計画的に教育資金を積み立てていかないと、いざ高校入学、大学入学となった時に、資金ショートし、大変な思いをすることになってしまいます。

 

子供が高校入学時や大学入学時には、特に私立の場合、入学金等合わせると100万円程度は覚悟する必要があります。
一度に用意するのは簡単ではないことも十分考えられるため、計画的な積み立てが必要となるわけです。

子供ができて入るべき保険は学資保険とは限らない

そこで登場するのが学資保険です。

 

学資保険は、読んで字のごとく学資を貯めるための保険であり、基本的に十分な親の死亡保障はついていません

 

従って、まず、学資保険を考える前に、親が十分な金額の保険に入っているかを必ずチェックしましょう

 

次に学資保険のチェックポイントですが、それは返戻率です。

 

返戻率とは、

 

(学資保険で受け取るお金の総額)÷(学資保険の保険料の総額)

 

です。

 

すなわち、払ったお金に対して、受け取れるお金の割合は何パーセントかということです。

 

この返戻率が、平気で100%を割る学資保険が少なくありません。
これは、払ったお金が純粋に積み立てにまわるのではなく、一部が掛け捨ての保障にまわることが原因なのですが、
貯蓄が目的にもかかわらず、元本割れすることなど、話になりません。

 

十分注意してください。

 

専門家に相談しよう

親の保障は、子供の教育資金はもちろん、それ以外にも、家族の生活資金が最低でも必要ですよね。

 

  • いったい自分にはいくら保障が必要なのか
  • 今の保険で大丈夫なのか
  • 見直しが必要なら、どのように見直せばよいのだろうか
  • 学資保険はどこの学資保険が自分にとって一番良いのだろうか

 

こういったことについて、すべて自分で答えを出すのは至難の業といって良いでしょう。
こういう時こそ、ファイナンシャルプランナーの無料保険相談を活用しましょう。

 

子供に関する保障も含め、総合的にリスクを分析してくれ、それに見合うプランを組み立ててくれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ