生保レディー保険相談

生保レディーと保険相談

生保レディーには誰でもなれる

どんなに就職難の時代でも、必ずあるのが、生保レディーの募集です。
しかもある意味すごいところは、それまでの職歴は一切問わないということです。

 

今までどんな仕事をやってきた人でもOKというような仕事は、
生保レディー以外の仕事では、そうそうお目にかかれません。
門戸の広さでは、一、二、を争う仕事でしょう。

 

では、保険会社に入社したあと、保険営業の現場に出るまでは厳しい道のりなのかというと、
まったくそのようなことはありません。

 

一ヶ月間かけて、業界共通試験である「一般課程試験」の勉強を、研修という名目で行います。

 

しかも、その「一般課程試験」は合格率100%に近い試験で、
100点を取る人も少なくないような試験です。

 

ということで、つい最近まで普通の主婦だったという人でも、
一ヶ月たてば、保険を売る側に立っているというのが、生保レディーなのです。


生保レディーと保険の知識

では、生保レディーになったあとは、
どのように知識を向上させているのでしょうか?

 

荒っぽい言い方をすると、
販売知識は向上しても、保険の専門家としての知識向上はほぼない
と言っても過言ではないでしょう。

 

実は、生保業界には資格試験があり、
前述の「一般課程試験」に合格した後には、
「専門課程試験」
「応用課程試験」
「生保大学課程試験」
と、順を追って受けることができます。

 

生保大学課程試験に合格すると、「トータルライフコンサルタント(TLC)」という称号が与えられますが、
名前ほど大したものではなく、外資系生保の営業社員は、例外なく全員取得しています。

 

普通に勉強すれば、誰もが合格できる資格であるにもかかわらず、
生保レディーで、TLCを持っている人は圧倒的に少ないのです。

 

このことからも、保険を販売するのに必要なスキル習得には興味があっても、
保険のエキスパートとして必要な知識の習得には、大変消極的であることが垣間見えます。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ