結婚 保険 見直し 加入

結婚して保険の加入・見直しをする方へのプロからのアドバイス

結婚前の保険加入状況と対策

無保険

親が保険をかけてくれていたわけでもなく、自分も加入の機会がなかったという方です。

 

【対策】
この機会に、保険加入の必要性について、検討してみましょう。
今すぐに必要ではなくても、将来にわたっても必要ではないのかを考える必要があります。
将来必要な場合は、保険に加入できなくなるリスクも考え、いつ加入するのかを検討しましょう。

 

親がかけてくれていた

保険の期間が決まっている養老保険か、一定期間で保障がガクンと減る定期特約付終身保険である可能性が高いです。

 

養老保険の場合は、保険期間が終了すると、その後は一切保障がなくなってしまうので、今のうちに対策する必要があります。

 

定期特約付終身保険の場合も、定期特約が終了すると一気に保障が減ってしまうので、要対策です。

 

【対策】
これから将来にわたって、長期間を見据えて、あらためて人生設計を考えてみましょう。

 

職場や付き合いで入っていた保険

定期特約付終身保険である可能性大です。

 

前述のとおり、定期保険特約の期間が満了すると、一気に保障がガクンと減ってしまいます。

 

【対策】
必要な保障額と現在加入している保険がマッチしているかどうかの確認から始めましょう。

結婚後の保険加入・見直しの考え方

1.まず、万が一あっても、配偶者が生活に困らないだけの保障を確保する

 

必ずしも、配偶者が一生働かずにすむだけの保障を確保しなければいけないわけではありません。
とりあえず、当座をしのげる程度の資金と、葬儀費用・お墓代は最低限終身保険で確保しましょう。
終身保険である理由は、これらの必要資金は、いつ万が一あっても必要な資金であり、
いつ万が一あるかどうかは、誰にも予測がつかないからです。

 

2.次に、医療保障を確保する

 

入院保険・がん保険の加入を検討しましょう。
これも、終身保障が望ましいです。
年齢を重ねてから、あらためて加入しなおそうとすると、
体況上の問題で加入できなかったり、加入できたとしても保険料がかなり高くなってしまいます。

 

保険加入・見直しの具体的方法

では、具体的には、いくらの保険に入ればよいのでしょうか?

 

実際には、以下のように考えます。

 

1.自分に万が一あった場合に、いくら必要になるのかを計算する
今現在であれば、前述のとおり、配偶者が当座必要とする生活資金と葬儀費用・お墓代です。
配偶者の生活資金は、(一ヶ月の生活費 x 必要とする月数)で計算できます。

 

2.すでに準備されている資金を計算する
まずは、遺族年金。
年金は老後のためだけのものではありません。
万が一あった場合も、支給されます。
次に、勤めている会社の保障。
死亡退職金や弔慰金を受け取れる可能性があります。
次に、預貯金。

 

3.1と2の差額を、保険で準備する

 

ただし、これらを自分で調べるのはかなり大変です。
費用や労力をかけない、最も確実・簡単な方法は、
ファイナンシャル・プランナー(FP)に頼むことです。

 

こちらの要望や条件、たとえば、支払える保険料の予算が少ないといった場合でも、
その条件の中で最高のプランを設計してくれますし、そこがFPの腕の見せ所でもあります。

 

今までは、保険といえば、保険会社のセールスレディ・セールスマンというのが定番でしたが、
今では、かなり多くの方が、FPに相談しています。

 

無料で親切に教えてくれるのですから、人気が出ないわけはないですね

 


ホーム RSS購読 サイトマップ