保険相談

保険相談の前に知っておきたい4つのポイント

FP無料保険相談を利用するにあたって、より効果的な相談とするためのポイントをいくつかご紹介します。

必要な準備はしておこう

保険相談にあたって、特に準備すべきものはありませんが、
保険の見直しの場合は、現在加入している保険の保険証券が必要となります。
加入時保険の内容説明を受けたときに使われた保険設計書(保険プランの提案書)があると、より便利です。

 

また、準備というほどではありませんが、
現在の月の生活費預貯金額、お子さんがいれば大まかな進学計画社会人になった(公的年金に加入した)年齢は、事前に把握しておけば、二度手間にならなくてすみます。

 

FP無料保険相談はこちら


気軽に相談しよう

ファイナンシャルプランナーといっても、お偉いさんでも、ふんぞり返っている先生でもなく、相談者の側にたって相談に乗ってくれるあなたの味方ですから、へんに緊張したりせず、気軽になんでも相談しましょう。

 

FPも人と会って話しをする職業ですから、しかめっ面をして取っ付きにくい人はまずいません。

 

また、ファイナンシャルプランナーには守秘義務がありますから、安心して相談することができます。

 

リラックスし、心を開いて相談したほうが、相談自体もより有益なものになります。

 

FP無料保険相談はこちら

納得いくまで相談しよう

遠慮する必要は、まったくありません。

 

自分が完全に理解できるまで、完全に納得できるまで、徹底的に相談しましょう。

 

FPは、セールスマンではないので、まずは顧客の納得を最優先に考えます。
FP側としても、どんどん質問してもらえるほうが、的確な説明をすることができ、また、自分が持っている知識を駆使できて、結果的に顧客満足につながるのでありがたいという側面もあります。

 

FP無料保険相談はこちら


納得できなければ担当を替えてもらおう

どうしても相性が悪いという人はいます。
また、FPの意見をどうしても受け入れがたいということもあります。
そのようなときは、遠慮せずに担当を替えてもらいましょう
あるいは、別のFP無料保険相談を利用するようにしましょう。

 

これは、医療の世界でいう「セカンドオピニオン」と同じことです。

 

医師の診察や治療方針に納得がいかなかったり、複数の医師からの意見を聞きたい場合、
別の医師にも診察してもらい、意見を聞きます。
保険相談でも同じことだということです。
これを申し出て気分を害す人はいませんから、安心して依頼してください。

 

FP無料保険相談はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ