ほけんの窓口

ほけんの窓口で保険相談

ほけんの窓口の魅力は実店舗による安心感

保険相談において、実店舗があるというのは、相談する側にとっては大きな安心感があります。

 

訪問型の場合、相手の身なりや雰囲気・名刺に書かれている情報でしか相手を判断することができませんが、
ほけんの窓口のような店舗型の場合は、店舗を構えている以上変なことはできませんし、簡単には逃げ隠れできないので、信用面で大きなメリットです。
店舗数もどんどん増えているので、利用者にとっての利便性も増していくことでしょう。

直営中心の店舗展開

FPによる無料保険相談には、本部による提携FPを紹介する紹介型が主流です。

 

しかし、紹介型の場合、本部は、相談者と提携FPの橋渡しをするだけで、
その後はノータッチというサービスも少なくありません。

 

その場合、もし提携FPから保険に加入して、
そのFPが何らかの理由で廃業したりすると、
その保険に加入した経緯などを把握している人がいなくなってしまいます。

 

数社の保険に加入した場合など、
それまで窓口になってくれていたFPがいなくなることで、
自分で直接数社の保険会社と連絡をとらなくてはいけなくなります。

 

その点、ほけんの窓口は直営中心の店舗展開をしていますから、
万が一、保険の加入時に担当してくれていた人が退職したとしても、
すぐさま別の担当者が契約内容等を引き継ぎ、支障のないように対応してくれます。

 

この点は、気づいている人があまりいないようですが、大切なポイントです。

細かい配慮

ほけんの窓口では、相談者が相談しやすいように、いろいろ細かな配慮をしています。

 

例えば、小さな子供のいる夫婦の場合、相談に集中できるように、キッズスペースが用意されています。

 

また、仕事などで、どうしても日中は利用できない人もいると思います。
そういう人には、18時以降相談可能な店舗を利用できるようになっています。

 

家に介護をしなければいけない人がいたり、小さな子供がいたり、忙しくてなかなか希望の時間に予約がとれないといった人用に、訪問相談にも対応しています。

 

人によってさまざまな事情はあっても、気持ちよく保険相談ができるように様々な対応がされているので、保険のことを真剣に考えたい人にとっては助かりますね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ