保険マンモス

保険マンモスで保険相談

保険マンモスのコンセプト

保険マンモスの古川社長は、前職がソニー生命の営業マン。
それもただの営業マンではありません。
エグゼクティブライフプランナーという、ソニー生命全営業マンの頂点を極めた方です。

 

私も、過去エグゼクティブライフプランナーの方々とお会いする機会がありましたが、
皆さん、ただ保険をたくさん売っているというだけではなく、人格的に惚れ惚れするような素晴らしい方ばかりです。

 

保険業界で活躍している人なら誰でも思うことなのですが、
間違った保険の加入のしかたが蔓延っている日本の保険業界を変えたい一心で、毎日頑張ってはいるものの、同時に、一人でできることの限界に直面しています。

 

そこで古川社長は、保険のトップセールスマンとしての立場を捨て、「保険業界を変える」というコンセプトを全国に広めるべく、保険マンモスを立ち上げ、全国展開したわけです。

評価が高い保険マンモスのFP

古川社長の「保険業界を変えたい」というコンセプトは、FPとの提携基準にも反映されています。

 

保険マンモスのFPはレベルが高いという評判なのですが、
それは、FPの採用基準として、消費者の立場に立って、保険相談者の役に立つ保険情報を提供するというマインドや人間性を最優先にしているからです。

 

保険相談という業務には、実は専門知識以上に要求されるのが、このマインド部分なのです。
この点が、保険相談を行っているFPと保険販売が仕事の保険営業担当者大きな違いでもあります。
保険相談の質を決定付ける最大の要素は、このマインド部分であるといっても過言ではありません。
評判の高いFPは、皆例外なくこのマインドを持っています。

イエローカード制が誠実さの象徴

保険マンモスでは、FPからしつこい勧誘を受けた場合、担当FPの変更やFPの登録抹消等の措置を取る「イエローカード制」を導入しています。

 

前述のとおり、保険マンモスのFPは、まず顧客の役に立ちたいというマインドを持っていることが前提ですから、イエローカードが「発動」されることはめったにありませんが、それでも、「消費者の納得もなく、まずは販売ありき」の保険業界を変えるという保険マンモスとしてのコンセプトを厳格に守っていくために、イエローカード制が導入されています。

 

保険マンモス


ホーム RSS購読 サイトマップ